MENU

顎ニキビの改善に食べたい食品

食べ物で顎ニキビを改善する、まだ症状が軽いうちならばそれも可能でしょう。

 

また薬を処方しながらの治療でも、角質を正常に整える必要はありますから、食事のことも無視は出来ません。
顎ニキビの改善はもとより、予防にも役立つメニューに取り入れたい食品も併せて紹介します。

 

 

バランスのよい食事が顎ニキビの改善にも

顎ニキビの改善を食から得たいのであれば、栄養バランスが揃った食事、それを摂るのが一番です。
それは体の健康維持にも繋がり、頭皮も含めた肌の健康に繋がります。

 

ニキビにいい栄養素を挙げるのであれば、ビタミンAにビタミンB2やビタミンB6、それからビタミンCやビタミンEと言われますが、肌にいい栄養素と共通しています。皮脂のバランスにはビタミンB郡が欠かせません。ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEには抗酸化作用があり、ニキビの原因となる活性酸素を阻害する作用があります。

 

動物性脂肪を多く含む油っぽい食べ物、それから甘いものや刺激の強い辛い食べ物、これらは摂りすぎるとニキビを誘発しやすいとされています。
これさえ食べればニキビが治る、といったメニューがあれば便利ですが、偏った食事というのもニキビを招きます。

 

例えば、アーモンドなどはビタミンB2やEを含むため肌にいいとされますが、それを摂りすぎれば皮脂の余計な分泌を招きやすく、ニキビに繋がりやすいです。
あくまでも偏りなくバランスよく栄養を摂る、それが大事です。

 

要因に合わせてメニューに加えたい食品

 

肌にいい食事を摂り、肌に悪いものは摂り過ぎない、それがニキビの改善にもいいですが、厳密に栄養バランスに気を使いつつメニューを考えるのも骨が折れるでしょう。
顎ニキビが再発しないように予防も大事ですから、長続きさせやすい食事方法がおすすめです。

 

顎ニキビを発症させている要因に合わせて、メニューに取り入れたい食品を紹介しましょう。
油分の摂りすぎによるニキビであれば、きのこ類や海藻類などコレステロールを抑えると言われる食品を一品加えてもいいでしょう。
消化機能が弱まり、肌の新陳代謝が悪化したためにニキビを発症しているのであれば、それに合わせた栄養の摂り方をすべきです。

 

タンパク質を摂るにも豆腐など消化のよい食べ物に置き換えるなど、胃腸いたわる食事の摂り方です。
また、ストレスでよく胃腸を痛めやすいという人は、それと同時にニキビなど肌荒れを起こしやすいです。
ストレス耐性を上げるにはカルシウムが有効ですから、乳製品や小魚などを食事メニューに加えておきたいものです。

顎ニキビには乾燥対策も大切

顎ニキビの原因で最も考えられるのがお肌の乾燥です。
思春期の頃は皮脂の過剰分泌が原因でニキビができてしまうケースが多かったため、
ニキビはオイリー肌の人にできるものだと間違った情報を持ったまま大人になる人がたくさんいます。

 

 

そこで、乾燥肌の人の正しいニキビ予防と改善方法をここでご紹介します。

 

 

 

乾燥肌とニキビの関係

 

私たち人間は年齢を重ねるとともにお肌の水分量が減少します。Tゾーンと違い、顎などのフェイスラインは乾燥しがちです。
その為、10代の頃は乾燥肌でなかった人でも、20代以降になると多くの女性が肌の乾燥で悩むようになります。乾燥肌の人はスキンケアしっかりで保湿することで、お肌の水分と油分のバランスを保持することが大切です。。

 

しかし、スキンケア不足によって潤いが不十分だったり、洗顔やクレンジングでお肌が乾燥すると、皮膚は潤いを保とうと皮脂を過剰に分泌するよう働いてしまいます。本来であればバランス良く保たれているはずのお肌の皮脂が過剰分泌すると、毛穴が詰まりやすくなり、そこに皮脂を餌とするアクネ菌が繁殖してしまいます。アクネ菌はニキビの原因菌とされていて、毛穴が詰まって炎症が発生し、ニキビが悪化します。

 

 

お肌の潤いを取り戻すスキンケア方法

 

ニキビ予防のスキンケアで一番大切なことは保湿です。化粧水と乳液はしっとりタイプのものを選びましょう。また、それだけだと潤いが足りない人は、クリームやビタミンC配合の美容液をプラスしましょう。ビタミンCはニキビ対策に欠かせませんが、乾燥しやすい成分です。そのため、クリームなどでしっかり保湿する事が大切です。

 

さらに、乾燥がひどい冬場などはホホバオイルやアルガンオイルなどの美容オイルを、化粧水をつける前に塗り込むことで浸透を良くします。もちろん毛穴のつまりを解消する為には洗顔も大切です。ただ、洗い過ぎや熱いお湯での洗顔は皮脂を取り過ぎ、お肌の乾燥を招くので避けましょう。

 

 

乾燥肌の人におすすめの化粧品

 

お肌の乾燥がひどい人は、肌が敏感になっていることが多々あります。オイルクレンジングや合成界面活性剤が配合されている洗顔料はお肌に負担をかけるので、スキンケアの際は敏感肌用の低刺激の化粧品を使いましょう。オーガニックや無添加、ミネラルと表記されているコスメが安心です。

 

また、ニキビには殺菌、抗菌作用のある成分が配合されている化粧品がおすすめです。ただ、殺菌作用のある成分はヒリヒリする事があります。敏感肌で肌に合わない場合は使用を控え、無添加タイプの保湿化粧品をおすすめします。

 

紫外線もお肌を乾燥させる原因になるので、朝のスキンケアでは紫外線対策も怠らないように心がけてください。ミネラルファンデーションは低刺激で、紫外線をブロックするためおすすめです。スキンケアは優しく丁寧に行うのがお肌にとってとても大切です。乾燥したお肌に化粧水をつけるときは一度に大量に付けるのではなく、少量を何度か重ね付けしましょう。

顎ニキビを潰す方法

ニキビができてしまったら、患部は極力触れないようにするのがベターです。
ましてや潰すなんてもってのほかと思っている方も多いはずです。
しかしながらニキビの種類によっては、ベストなタイミングと適切な方法であれば潰しても良いのです。

 

 

大人ニキビをつぶすとどうなる?

炎症を起こしている赤ニキビを潰すのはNGです。
症状が進行したニキビというのはそこに炎症を伴っていることもあり、無理矢理につぶした場合はシミになって跡が残りやすいものです。

 

特に指や爪、ピンセットで潰してしまうと、周辺の皮膚を傷つけてしまい、そこから雑菌が侵入してよりニキビ悪化させてしまいます。
患部を深く傷つけてしまうとクレーター状のニキビ痕が残ってしまうケースもあります。

 

 

どんなニキビならつぶしても大丈夫なの?

基本的にニキビは潰さないのが良いとされていますが、潰しても良い場合もあります。
タイミングと対処法が正しければ、むしろその方が治りが早いということもあり得るのです。

 

潰してもよいとされているニキビは、膿がたまってきた状態のニキビです。
ニキビができてから3〜4日経ってニキビの中心に白いプツッとしたものができたら、それが膿です。この時にニキビを潰すのがベストタイミングです。

 

また、他にも潰しても良いとされているのが炎症を起こす前の段階のニキビです。
これらは白ニキビ、黒ニキビと呼ばれていて、毛穴に皮脂が詰まっている状態のことをいいます。

 

黒ニキビは毛穴が開いているため詰まった皮脂が酸化して黒くなっているのでそう呼ばれています。
白ニキビと黒ニキビを潰すことでアクネ菌の増殖を抑え、ニキビの進行を食い止めることができます。

 

 

ニキビの安全なつぶし方

ニキビ痕を残さずに、気になるニキビを綺麗に潰すにはコメドプレッシャーがおすすめです。
面皰圧子という皮膚科での治療でも使われる器具です。

 

また、針などをつかうという手もあります。 いずれにしても、道具は消毒用エタノールや沸騰消毒で清潔にすることが大切です。
深く傷つけないように優しく膿や皮脂を取り除きましょう。

 

この時に気をつけたいのが、奥の膿まで出し切らないで、表面の膿だけを取り除くことです。
また、潰した後のお手入れはとても重要で、患部を洗って清潔に保つことを忘れないでください。

 

ニキビに効く軟膏やコスメでアフターケアするのも良いです。
自己処理が不安な方は皮膚科やクリニックで処置してもらった方が安心です。

 

間違った潰し方をしていると痕がなかなか消えなくて大変な思いをすることにもなります。
そんな時は医師に相談してみましょう。