美白になる方法、シミを改善する方法に加え、おすすめの美白化粧品を紹介します。メラニン色素の発生を抑える成分、シミの原因を抑制する成分などを配合した化粧品なども解説します。

美白のポイント

美白を気にする女性は非常に多く、美白化粧品の種類もどれを購入していいのかわからないほど種類があります。美白を考えるのは主に4月から7月の日差しが強くなる時期です。ただ冬でも紫外線は届いているのでファンデーションでのケアは欠かせません。シミの原因の多くは紫外線です。紫外線対策をしっかりすることがシミ対策、美白のためには重要です。



美白化粧品とは美白有効成分を配合した化粧品の事を言います。シミの原因となるメラニン色素の生成を抑える事を目的とした化粧品です。最近では白斑の問題などがあり、美白化粧品を使うことに不安をもつ女性も増えていますが、美白関連商品は売上を伸ばし続けています。今販売されている美白化粧品は白斑の原因となった「ロドデノール」は含まれていません。

シミの原因となる紫外線はメラノサイトを刺激し、メラニン色素を生成します。紫外線によってできるメラニン色素はターンオーバーで排出されますが、年齢と共にターンオーバーが落ちると、メラニン色素が沈着してシミになります。10代から浴びた紫外線がシミの原因とも言われています。そのため、最近では20代の女性でも美白効果の高い化粧品を使っている人が増えてきています。美白化粧品は種類が多くありますが、美白有効成分を配合した化粧品を選ぶことが重要です。中にはホワイト問うことを使いもっともらしい名前をつけた化粧品もあるので気をつけましょう。美白化粧品には化粧水、美容液、乳液、クリーム、UVクリーム、オールインワン化粧品などがあります。値段の幅もかなりあり、配合されている美白成分も様々です。美白化粧品を選ぶ時は成分や効果をしっかり確認する事が重要です。

美白になる方法

美白化粧品には様々な美白成分が使用されています。美白成分で最も多いのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体はシミの原因となるメラニン色素の生成を阻害します。メラニン色素の生成を阻害する美白成分には他にもプラセンタエキス、アルブチン、エラグ酸などもあります。



シミの原因の多くは紫外線などの外部刺激によって生成されるメラニン色素です。また、紫外線とともに活性酸素もメラニン色素の原因となります。抗酸化作用のある成分を配合した美白化粧品を使用します。抗酸化作用の成分としては「ビタミンC誘導体」「アスタキサンチン」「ビタミンE」などがあります。活性酸素を阻害することでメラノサイトの働きを抑制し、シミの発生を予防します、。

シミ対策ではターンオーバーの促進も重要です。紫外線などによって作られたメラニン色素を角質の外に排出する事がシミ対策には欠かせません。ターンオーバー促進にはピーリング化粧品を使用します。ピーリング化粧品は刺激が強いため、週に1~2回程度使用します。ピーリングにはAHA、フルーツ酸と呼ばれる成分が使用されています。古い角質を排出して新陳代謝を活性化してシミなどを排出します。ただピーリングは古い角質を排出するため、アトピーや敏感肌の人は赤みが出ることがあります。アトピーや敏感肌になると角質が薄く、バリア機能が常に乱れている状態なので、トライアルの美白化粧品で肌の調子が悪くなるかテストしてみるのがおすすめです。

おすすめ美白化粧品 BEST5

アスタリフトホワイト
化粧水、美容液、クリームの3点セット。美白成分にはアルブチン、ビタミンC誘導体を配合。シミの原因となるチロシナーゼ酵素を阻害します。他にメラノサイトを刺激する活性酸素を除去するアスタキサンチン、乾燥を対策に有効な保湿成ナノAMAなどを配合。
価格:1,080円 送料無料
アンプルール
出来てしまったシミを薄くする美白成分「ハイドロキノン」を配合したスポット美容液、保湿作用のあるセラミド配合の化粧水、ビタミンC誘導体配合の美容液などがセット。中々消えない老人性色素斑におすすめの美白化粧品。
価格:1,890円 送料無料
サエル
低刺激にこだわった美白化粧品。美白成分にはビタミンC誘導体を配合。シミの元になるチロシナーゼ酵素を阻害します。さらに、炎症を抑制するコウキエキス、角質層のバリア機能を改善するセラミドを配合。
価格:1,480円 送料無料
デルメッド
美白成分にはビタミンC、コウジ酸を使用。コウジ酸にはチロシナーゼ酵素を抑えるだけでなく、肌の黄ぐすみを抑制する作用もあります。化粧水、美容液、乳液、クリーム、化粧下地のセットです。
価格:1,800円 送料無料
ビーグレン
出来たシミを改善するハイドロキノン配合のクリームの他に、美白成分ビタミンC誘導体を配合した化粧水、アルブチンを配合した美容液、肌のハリを改善するエイジングクリームのセット。
価格:1,944円 送料無料

美白化粧品「アスタリフトホワイト」が選ばれる理由

美白有効成分でメラニン色素を抑制
シミの原因の多くは紫外線です。紫外線を浴びると、エンドセリンと呼ばれる伝達物質がメラノサイトに送られます。その結果、アミノ酸「チロシン」とチロシナーゼ酵素が結合してメラニン色素になります。アスタリフトホワイトには美白有効成分「アルブチン」「ビタミンC誘導体」を配合。シミの元になるチロシナーゼ酵素を阻害し、シミの発生を予防します。
抗酸化作用で肌老化を抑制
紫外線、ストレス、喫煙、酸化油などが原因で活性酸素は発生します。活性酸素は細胞や血管にダメージを与えて代謝を低下させます。その結果、シミやシワができやすくなります。アスタリフトホワイトには抗酸化作用の強いアスタキサンチンを配合。活性酸素の働きを阻害する事でシミ、シワなどの肌老化を予防します。
保湿成分で肌水分を保持
アスタリフトホワイトには3種類のコラーゲンを配合。角質層にしっかり浸透して潤いを保持します。また、ツボクサエキスをナノ化したナノAMAも配合。ナノAMAには炎症を抑制する作用やセラミド分解酵素を抑制する作用があります。角質のバリア機能を修復することで肌水分の蒸発や外部刺激の侵入をブロックし、肌トラブルを予防します。

美白に有効な成分でシミ対策

美白化粧品に多く含まれているビタミンC誘導体やアルブチンはシミの元になるチロシナーゼ酵素を阻害します。これはシミの予防には効果的です。ですが、すでに濃くなったシミには「ハイドロキノン」が効果的です。

ハイドロキノンは強力な美白効果があり、肌の漂白剤とも呼ばれています。ビタミンCやアルブチンのようにチロシナーゼ酵素を阻害するだけでなく、メラニンの本体となるチロシンも抑制。さらに、すでに出来ているシミを薄くして美白に導きます。



ハイドロキノンは効果が強い分、刺激も強いので、濃度は2%程度のものが市販されています。熱や光に弱く、酸化しやすいという特徴があるため、ハイドロキノンクリームの使用は夜のみに指定されています。ハイドロキノンが肌で酸化すると炎症や赤みがでます。濃度が高いタイプは美容外科や皮膚科などで処方しています。

ハイドロキノン配合の美白化粧品ではアンプルールやビーグレンが有名です。アンプルールは新安定型ハイドロキノンを配合しています。従来よりも酸化しにくく、刺激を抑えることに成功しています。アンプルールではハイドロキノンをスポット美容液に配合。シミが気になるところに塗ってメラノサイトの働きを抑えます。

ハイドロキノン配合の化粧品ではビーグレンも有名です。ビーグレンの特徴はキューソームと呼ばれる浸透テクノロジーです。美白成分をカプセル化することによって角質層の奥までしっかり浸透し、長時間滞留します。ハイドロキノン成分が角質の奥にあるメラノサイトに働きかけることでシミを還元して薄くします。